読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSは大好きだけど大嫌い。

 

こんばんは。

4月から新社会人、ねこぜです。

昨日、数年お世話になったバイト先を

卒業してきました。

悩んだらいつでも顔出してね、とか

今まで本当にお疲れ様、とか

飲み会にまた呼ぶから来てよね、とか

いろんな言葉をかけていただいて、

嬉しかったな。

 

SNSの話を少し、しようかなと思う。

月に数回、SNS全般やめてしまいたいと

思う時がある。

Instagramも、Twitterも、LINEも。

もちろん趣味の話をできたりだとか、

友達ができるだとか、情報収集できたりだとか、大好きなところもたくさんあるのだけれど。いいね やコメントをもらうと、

なんだか承認欲求が満たされる気がするし。

だけど、TLに流れてくる大量の自撮りや、

好き好き合戦や、何も考えず発される本音

を見ていると、むかむかとしてくる時がある。

特に、自分が追い込まれている時や、余裕

がない時は余計だ。

でも、そんなことを思うことがあるとしても、

わたしは結局SNSを辞めることができない

のだろうなと思う。

何故かそこには、みんなと会えなくても

繋がっているという安心感もあるから。

 

SNSの話で思い出したのだけれど、

学校に楽しさを見出せなかった、中学生、

高校生時代。

わたしはamebaブログにどハマりしていた。

学校の友達と繋がるために、というよりは

全くの別名でアカウントを作り、

趣味のブログという感じだった。

しかも、アクセス数をすごく意識していて、

毎日の更新と写真の投稿をすごく重視

していた。今では同世代のユーザーは

めっきり減ってしまったし、わたしも利用して

いないのだけれど、あの頃は圧倒的に

同世代の子も多かった。

現実と違う感覚で、同じ趣味の人達と

繋がっていくことが、本当に楽しくて、

楽しくて。生き甲斐だったと思う。

何故あんなにも、ブログにのめり込んでいたのか、きっと居場所が欲しかったのだ。

自分のことを誰も知らないところで、

新しく始めることに意味があったのだと思う。

 

今はAmebaブログは見る専門になってしまった

けれど、中学生時代にただ1人、

ブログから仲良くなって、会った子がいる。

その子とは、なんやかんやで今でも年1回

会うような関係になっていることが、

すごいことだなと思う。

 

現実的に生活もあるし、きっとあの時ほど

SNSにのめり込むことはもうないと思う。

でも、これからも上手に利用していきたいな

と思っている。

嫌な時は見なければいいし、したい時に

すれば良い。そんな風に思うんだ。