読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時の流れが早すぎてついていけない。

音楽 日常

 

こんばんは。

最近暖かくなったと思ったら、また逆戻りで

寒い日々ですね。

気づけば1月も終わっていて、2月も2日目。

時の流れが早すぎやしませんかね。

わたしがのうのうと暮らしているうちに、

どんどん時が過ぎていく。待ってはくれない。

 

昨日は、レポートを出すためだけに大学へ。

大学まで電車で片道、1時間はかかるの

ですが、用事は1分で終わりました。

なんとも複雑な気持ちです。

でも、電車に揺られてる時間はずっと

文庫本を読んでいたので、良しとしましょう。

電車の中って、何故だか集中できて、

読書も捗るのです。ちなみに読んでいたのは

今話題の君の名は。の小説版。

私はすでに2回観ました。何度観ても鳥肌が

立ちます、あの映画は。

映像もキャラクターも、音楽も魅力的。

劇場で観ることに意味があると思える。

2回目は母と観に行ったのですが、アニメを

普段全く観ないあの母が大号泣し、

DVDとビジュアルブックが欲しいとまで

言っていたので、なんとなくたくさんの人に

愛されている理由がわかる気がしました。

小説版は、設定や登場人物の心境が

より細かく書かれていて、ふむふむと思いながら読んでいます。

ずっと、あの彗星の描写が、忘れられません。

 

1分の用事を終えてすぐに帰るのもなんだかアレなので、帰り道にあるタワーレコード

寄ることにしました。

CDは、今でもお店でディスクを買いたい派

です。お店に足を運び、あの空間を訪れること

自体、わくわくして大好きなのです。

そして、自分の部屋にあるコンポでCDを聴く

ことが、何よりも至福なのです。

 

今回は2枚のCDを購入しました。

 

f:id:nekozeonna:20170202001410j:image

まず、泉まくらさんの新譜、雪と砂。

私の好きなミュージシャンの1人です。

泉まくらさん、知らない方も多いと思うので、プロフィールを貼っときます。

 

2012年のデビュー以来、女の子の日常を自然体の言葉で綴り、「ゆるふわラップ」という新境地を提示してシーンにインパクトを与えてきた泉まくら。2013年にはくるり主催イベント『WHOLE LOVE KYOTO』に出演、2014年にはテレビアニメ『スペース☆ダンディ』でmabanua、菅野よう子と共作の挿入歌を提供するなど話題の尽きない彼女が、4月22日、約1年半ぶりのニューアルバム『愛ならば知っている』をリリースする。

 

つまり、女性ラッパーというわけです。

ハスキーな声と、感傷的な歌詞が魅力的。

前作ありきの今回のアルバム、その中でも

特によかった曲はこちら。

https://youtu.be/oXLN1KbZEMQ

「愛とよべよ feat.野崎りこん」

 

よかったら聴いてみてくださいな。

 

 

f:id:nekozeonna:20170202002458j:image

購入した2枚目は、tofubeatsさんの

STAKEHOLDER。

tofubeatsさんも、私が好きなミュージシャンの

1人です。

つくった曲を他のアーティストさんに

歌ってもらうことの多い彼ですが、この

アルバムでは、自身で歌っている曲が多く

入っています。

 

https://youtu.be/3KRwRVMrWVU

「STAKEHOLDER」

 

クラブミュージックに全く縁のなかった私に、

聴き始めるきっかけをくれた人です。

 

人のおすすめとか、ちらっとCMで聴いてとか、ネットでたまたま見つけて、とか

きっかけなんて山ほどあると思うけれど、

全部大切にしたいなあ。

大きかれ、小さかれ。